ゲーム<雪!!

こんばんは!
atelier ANのコラムです。*..・*・。、。*+。..

今日のお教室ではみんな雪の話でもちきりでした。
生徒さんたちも『雪、すごかったねぇ~!!』『雪だるまつくったよ!』と報告してくれましたが、小学3年生の男の子の話で少しほっこりしました・・・。

... その子のお母様の最近の悩みはその男の子が『ゲームばかりやりたがる事』。
内容は絵にも反映されていて『○○ゲームの場面が描きたい!』とか『ゲームの場面をそのまま描きたいんだ。』と、テーマを説明しても納得しないで、お母様も『ゲームなんて!!』と男の子を諭しつつ、悩んでいるようでした。

でもでも!!
今回の大雪はそんな彼のかたくなな部分を少し溶かしてくれたようです!!
というのはいつもクールな彼が今日は少し興奮気味に、『今日は絵を描き終わったらしゃべっていいよって言われてたんだけど
(↑いつもおしゃべりに花が咲きすぎて手が動かなくなってしまうので担当の先生と約束していたそうです(笑))
ボク、もう、おとといの雪に大興奮しちゃって!!』

と目をキラキラさせながらまくしたてるように話しかけてきたんです。
え??どんなことしたの?!と訊いてみたら
『ええ~とね、いや、まずね!おっっっきなかまくらを作ってね!!』

うんうん!

『でね、どんだけおっっきいかというとね、とりあえずこどもがふたり、いやいや!!こどもとおとなが余裕で入れるくらいでね!!あ!おとなが立っても大丈夫なくらいだよ?!』

うわ~!それすごいね~!!自分の手で作ったの?

『そうなの!!こう、ね、雪の球を作ってね、それでね・・・』

と、まさにマシンガントーク!
すっごい楽しかったんだろうな~~と聞いていたら最後のしめが
『んも~ボクね、あんまりにも雪遊びが楽しすぎてね!!も、い~かげんにしなさい!!って言われても止められなかったんだよね!!!あはは!!!』
って。
ほんとに”あはは!!!”でしめたんです!
こっちもあははは!って言わせていただけました。
普段、ゲーム、ゲーム!って言ってる子が雪遊びに夢中になり心から楽しんでいた様子に『まだまだ大丈夫だ!』となんだか安心してしまった瞬間でした!!
それにしてもこどもの集中力ってすごいですよね~!!感心しちゃいます!!
雪の感触を楽しんで暗くなるまで夢中で楽しむなんて・・・。
きっとこの雪の思い出はのちのち、彼の中で良い思い出に変わり、思い切り楽しんだという経験は彼の糧になるのでしょう!

久々の雪。
東京や横浜のこどもたちには貴重な思い出と経験になったのでしょう・・・。
わたしも久々に雪を見てこどものころをすこし思い出せました。

相原朋会