あたまがふくしまちゃん!!

こんばんは。atelier AN 貫井です。

さてさて、今日は私が応援しているお友達の活動の紹介です。
「絵本作家のぶみ」の「あたまがふくしまちゃんプロジェクト」

彼は、私が通っていた保育の専門学校の同級生で、私は途中で「絵描きになる!!」と中退し、彼は「絵本作家になる!!」と、その道に進みました。
「おかあさんといっしょ」の「ブラブラせいじん」「おしりフリフリ」、「いないないばぁ」の「おててえほん」
絵本では「しんかんくんシリーズ」とか「おひめさまようちえんシリーズ」とか。
...一度は目にしたことがあるんじゃないかな。

のぶみは、とにかく「まっすぐな人」です。
そんな彼が、今まっすぐに頑張っている活動の一つが「あたまがふくしまちゃんプロジェクト」

福島応援キャラクターあたまがふくしまちゃんは、 ちょっとでも、日本のみんなに今の福島のこと知ってもらうキッカケになるように作ったキャラクター。
あたまがふくしまちゃんの頭が緑なのは、福島県から、自然を考えようという、想いが入っています。
あたまがふくしまちゃんは、福島が大好きで、福島のことばっかり考えてたら、髪型がふくしまの形になっちゃった子なんだって。

●あたまがふくしまちゃんプロジェクトには3つの計画があります
1.絵本あたまがふくしまちゃんを作って、印税売り上げを福島県の幼稚園の子どもが自然に触れて遊べるもののために使います。

2.ゆるキャラGPで、1位にして、キャラクターの版権フリーにして、福島県の企業の活性化させたい。お土産を買うだけで、福島県の復興につながるようにしたい。

3.あたまがふくしまちゃんが日本中に知られるようになったら、インドアようちえんという、屋内型幼稚園を作って、放射能の入った土を全て入れ替えて、中で、運動会や畑、泥だんごや、砂遊びができる、ようちえんを企業の賛同を集めて作りたい。

応援の方法としては、
・あたまがふくしまちゃんの絵・ぬいぐるみを、のぶみに送ること
・あたまがふくしまちゃんキャラ弁を作って投稿すること。
・ゆるキャラグランプリに投票すること。

詳しくは、FB「絵本作家のぶみ」「あたまがふくしまちゃんLOVE会」を見てみて下さい。
それで、その活動に賛同します!!って方は、ぜひぜひご協力を!!

3.11以降、いろんな思いが頭に心にめぐります。
自分にできることは何なのか。
考えてても仕方ないので、できることはやる。動く。そして継続させたい。

支援・応援にはたくさんの方法があります。
特に、福島、原発に関しては、考え方も様々かと思います。

たくさんの壁に真っ直ぐにぶつかりながら、このプロジェクトを成功させようと、日々頑張るのぶみのFBを見ていたら、福島はもちろんだけど、私はのぶみを応援したくなった。
彼はもう有名人なので、ビックな方々の応援もたくさんあるし、私の出る幕ではないのだけど、微力ながら、私も応援したい!!
だから、ここで紹介させていただきました。
人と人とのつながりは、奇跡の連続。どこで何がつながるかわからないもんね。

頑張れ、のぶみ!!頑張れ、あたまがふくしまちゃん!!

「カリーナの林檎」と「あたまがふくしまちゃん」を同時に応援するのは、なんだかへんてこかもしれない。

私は専門家でもなんでもないので、放射能のことなんかは詳しくはわからない。
でも、原発事故で故郷に住めなくなり、いつ戻れるかわからないまま、他県で避難生活を送っている家族を知っています。

カリーナの林檎(映画)を観て、原発事故の恐ろしさ、悲しさ、家族の絆をドカンと感じました。
多くの人に伝えたいと思ったので、自主上映会をしようと決めました。(もうちょっと待っててね。)

あたまがふくしまちゃんプロジェクトを知って、これで、福島の子どもたちがHAPPYになったらなんて素敵だろう。と思いました
だから、応援したいと思いました。

・・・って考えれば、つながるかな。

まぁなんだか、うまくまとまらないでスイマセン。
とにかく、「あたまがふくしまちゃんHP」はこちらです。
http://www.fukushimachan.com/
※こちらよりも、FBのなかの「あたまがふくしまちゃんLOVE会」の方が、詳しいことがわかるかも。気になる方は、探してみてください。

ちなみに、とってつけたようですが、2月10日のワークショップ「バレンタイン直前特別企画!!フォトフレームを作ろう」もまだ空きがありますので、よろしくお願いしまーす(*´∀`*)